ゆくゆくは自分のアイデアを反映させた
新製品を開発し、
世界にインパクトを与えたい。
田中 治 Osamu Tanaka
電子材料
2014年入社 理学系研究科 物理科学専攻修了
DOWAセミコンダクター秋田株式会社 開発室 開発第1グループ
趣味は、カラオケ。座右の銘は「一期一会」。夢は、ありとあらゆる鶏肉料理を美味しいレシピに従って作り食べること。
Career path
2014年~
新入社員研修後、DOWAセミコンダクター秋田に配属されてから一貫して「高出力赤外LEDの製品開発」に取り組む。
製品化するために解消すべき課題を解決することが主な仕事で、要因調査のための加工試験や特性評価を担当している。
入社理由
気持ちと気持ちが通じあう面接。
大学ではX線回折法を用いた金属の結晶構造解析を行っていたので、非鉄金属業界の中でも多くの金属を扱っていたDOWAに興味を持ちました。そして金属を中心としながらも、幅広く事業展開していたことも理由の一つでした。入社の決め手は、私の話に耳を傾けてくれた一次面接での対応や最終面接での面接官の人柄を通じて、ここでなら自分らしく仕事に打ち込める、そう確信できたから。特に最終面接での面接官の存在感もさることながら、心の奥を見透かされているような面接がとても印象的でした。
現在の仕事
既存品よりも“特性”を向上させた新製品の開発にチャレンジ。
現在は、既存品よりも“特性”を向上させた新製品の開発にチャレンジしています。開発段階で顕在化した課題である、歩留向上や特性改善などをクリアするために日々試験を行っています。仕事のやりがいは若手ながら新しいことに、自分なりの方法で挑戦できること。入社して間もなく新製品の開発に携わることになりましたが、各工程の見直しや加工装置の導入・立上げ、評価方法の検討など全てが新鮮で、非常に良い経験となっています。まだ、ブレークスルーには至っていませんが、仮説と検証を繰り返す中で、着実に最適解に近づく手応えを感じています。これからが楽しみですね。
最大のチャレンジテーマ
いつか世界にインパクトを与える新規プロジェクトの推進を。
現在のチャレンジテーマは「電極の剥離率低減」です。新規開発したLEDは非常に高出力である一方で、電極剥離が発生してしまい歩留が悪いという問題を抱えていました。先日、電極構造を変更することで剥離の発生を抑えることに成功したので、現在は安定的な量産体制を構築するための条件決めを行っています。今後も経験を重ねてスキルを磨き、ゆくゆくは自分のアイデアを反映させた新製品を開発したいと思います。そして将来的には、世界に大きなインパクト与える新規プロジェクトを立ち上げ、自ら主導して、製品を市場に出すまで統括することが私の目標です。
オンとオフのメリハリについて
「完全にオフ」の時間を作ってストレスコントロール。
仕事もプライベートも継続することがなによりも大切な事だと思います。無理をし過ぎて体調を壊したり、詰め込み過ぎて嫌になったりしないために「完全にオフ」の時間を作ってストレスコントロールをしています。
DOWAについて伝えたいこと
さまざまな分野のスペシャリスト達に、日々刺激をもらえる環境。
さまざまな分野のスペシャリストがいる中で、常に刺激を受けながらスキルアップできることが、DOWAで働くことの面白さです。また、文武両道で人柄の良い社員が多いのもDOWAの特徴で、誰とでもフランクに話せる、そんなフラットな組織であることが、心地良い環境を生んでいます。
  • 出社

  • ラジオ体操

  • 全体ミーティング

  • LEDチップ加工

  • 昼食

  • LEDチップ特性評価

  • 個別ミーティング

  • 評価結果まとめ

  • 退社

同じ事業に所属する社員

PAGE TOPへ