現場第一主義の改善アプローチを心がける。
なぜなら、それが製造パフォーマンスを
最大化するいちばんの近道であると思うから。
君塚 亮太郎 Ryotaro Kimizuka
その他
2003年入社 工学研究科 電気電子工学専攻修了
DOWAテクノロジー株式会社 生産技術部 西部生産技術センター
趣味は、ドライブ。愛車を駆って好きな場所へ。知らない道を開拓できるとワクワクする。日々の心がけは「忙しいのはみんな一緒」という想いを忘れないこと。
Career path
2003年~
西部生産技術センターにて、エコシステム岡山の新炉建設プロジェクトに参画。操業により発生する灰の適正処理方法の検討や、その他基礎試験などを担当。
2005年〜
操業が始まった新炉の電気関係の担当者として、建設・改善・メンテナンスを実施。他にも、岡山地区各所の電気改善も担当。
2009年〜
中国での家電リサイクル事業への参入にともない、プラント建設プロジェクトに参画。西部生産技術センターから蘇州へ、そして上海へ異動し、電気担当者として新プラントの建築・電気関係設備の検討・施工管理などを実施。建設後は改善・メンテナンスを実施。
2012年〜
帰国後、西部生産技術センターへ戻り、旧鉱山跡地である柵原鉱水処理場の建設プロジェクトに参画。設備検討リーダーとして、土木・建築・装置類の構想検討、メンバーの意見集約および最適案の展開、工程管理や施工管理などを実施。専門の電気業務では、回路設計からプログラム設計まで幅広く対応。
2014年〜
岡山事業所各社の電気案件を主導するリーダーとして活躍。現在に至る。
現在の仕事
チーム運営を統括すること、
そして若手への技術サポートを行うこと。
DOWAテクノロジーの役割はDOWAグループ各社への技術的なサポート。現在、私は電気案件を主導する立場で動いています。私の任務は、チーム運営を統括すること、そして若手への技術サポートを行うことです。各所から上がってくる設備改善や新設案件において、それらを実現するために構想設計・基本設計を行い、工事の段取りや工程管理などを実施。そしてメンバーへの業務配分を行いながら、一人ひとりの業務遂行をフォローしています。もちろん、プレイングマネージャーとして自らも各種案件に関わり、メンバーと一緒に現場で試行錯誤しています。
こうした取り組みにより現場に貢献できたとき、達成感とともにやりがいを感じます。例えば新規磁性材料設備の自動化案件では、現場のメンバーと議論しながらさまざまなアイデアを具現化して工数削減に貢献し、「一役買えた」という手応えを実感しました。大きなプロジェクト案件でも、小さな改善案件でも、最終的に「あなたに頼んで良かった。ありがとう」と言ってもらえたとき、すべての苦労が報われます。
成長への転機
中国のプロジェクト現場こそが
自分にとっての最大の成長ステージ。
中国の家電リサイクル工場建設プロジェクト参画の時期がもっとも私のキャリアに影響を与えたと思います。エコシステム岡山の設備担当時代は、上司からの手厚い指導がありましたが、中国のプロジェクトへの参画では、機械担当の後輩と二人で現地に入り、いきなり現場の設備工事を統括する立場になりました。すべて仕事のやり方などを自ら考え、判断して、現場を動かしていかなければならない日々が始まりました。
一番大変だったのは協力会社の開拓とその管理でした。こちらの求める仕様に見合う協力会社が少ない状況下で、まず会社調査からスタートしました。工事が始まってからも、日本以上に厳密な工程管理が必要でした。中間検査などをこまめに実施してできばえを確認したり、コストに関しても仕様の明確化や管理を強化したりと、日本以上に気を遣う必要がありました。異文化でのコミュニケーションの難しさ、日本の常識が通じないもどかしさ、社員のモチベーションを上げる方法を探りながら実践する苦労など、振り返ると大変な毎日でしたが、あの現場でマネジメントのコツを学んだような気がします。言ってみれば、あの現場こそが私にとって最大の成長ステージだったのかもしれません。
最大の成果
電気・機械・化学に通じる総合的な知見とスキルで挑んだプロジェクト。
鉱水処理場建設の際、電気系の私が機械系の後輩にアドバイスしながらプロジェクトを引っ張っていき、完工させたことが私にとっての最大成果の記憶です。大学時代には電気専攻でしたが、入社当初から電気的な業務より化学工学的な業務や設備の機械的な保全・改善の業務が多く、その経験の中で電気・機械・化学に通じる総合的な知見とスキルが身につきました。DOWAで働く面白さは、自らの専門分野を超えて幅広い力を得て、プロジェクトリーダーとして活躍できること。それを実感できたのが鉱水処理場建設プロジェクトだったのです。このプロジェクトの主導経験を経て視野が広がり、今では設備の不具合や改善を考える際、機械的側面と電気的側面の両方の視点から対策を考えられるようになっています。
私の今後の目標は、西部生産技術センターの底上げと業務効率化。各メンバーにチャレンジ案件を割り当て、実際の仕事を経験しながら全員で成長していきます。そして操業・管理システムソースの自社開発にも挑みたいと思っています。総合的なチカラを有するメンバーたちのチームワークをもってすれば、必ず実現できると私は信じています。
独自のポリシー・スタイル
現場第一主義の改善アプローチを心がける。
ポリシーとしては工場の現場で働く人々にどれだけ貢献するか?を常に考え、操業する側の目線に立って、最適な設備やプログラムを形成したいと思っています。なので、私は事あるごとに現場へ足を運びます。現場の方々の声に耳を傾け、どんな小さな困りごとでも、些細な違和感でも、クレームでも、意見でも、改善アイデアでも、すべて吸収するようにしています。その上で、現場の課題を一つひとつ浮き彫りにして、現場第一主義の改善アプローチを心がけています。なぜなら、それが製造パフォーマンスを最大化するいちばんの近道であると思うから。
DOWAについて伝えたいこと
DOWAには電気屋、機械屋の活躍する場が沢山ある。
繰り返しになりますが、DOWAには電気屋、機械屋の活躍する場がたくさんあります。それは想像以上のものです。しかも電気分野に加えて、機械・化学・システムなどの知見・スキルも身につけながら、若いうちから大きなプロジェクトの設備工事を主導する立場で活躍する機会が与えられます。それは、本当にやりがいに満ちたチャンスです。電気屋、機械屋の活躍フィールドはいろいろありますが、ここDOWAも、一つの候補にしてみてください。そしてぜひ、我々の経験談を聞いてほしいと思います。きっと、あなたの気持ちに響くストーリーになると思います。いつか一緒に働ける日がくることを楽しみにしています。
  • 出社

  • 工事監督

  • 現場との打合せ

  • 昼食

  • 現場作業

  • 図面作成や検討

  • 退社

同じ事業に所属する社員

PAGE TOPへ