日本での経験を礎に、
将来、母国タイで自分の事業を立ち上げ
成功へと導く。それが私の夢。
カンチャン スラン Surang Khanchang
環境・リサイクル
2015年入社 工学院 環境循環システム専攻修了
エコシステム岡山株式会社
趣味は、旅行と写真。座右の銘は「Everything happens for a reason.」。
夢は、自らビジネスを立ち上げること。
Career path
2015年~
技術グループのグループサブリーダーとして業務改善、生産管理及び研究開発を担当。
入社理由
DOWAなら、やりたいことができる。
大きな可能性を感じて、入社を決意。
大学の研究室の教授から、日本の優良なリサイクル会社として紹介してもらったのが、DOWAに興味を持ったきっかけです。DOWAでは環境リサイクル事業だけではなく、製錬事業、電子材料事業、金属加工事業、熱処理事業等と幅広くビジネスを行っていて、さらに国内だけではなくグローバルにも規模が広がっていることを知り、この会社に大きな可能性を感じました。そして私の母国であるタイにもDOWAの工場があり、将来的にはタイのリサイクルビジネスに貢献できるかもしれない。そんな想いもあって、入社を決めました。高給だったことも大きかったです(笑)。
現在の仕事
自動車シュレッダーダストのリサイクルにおける業務改善と研究開発。
エコシステム岡山(株)では自動車シュレッダーダスト(以下、ASR)のリサイクルを行っています。ASRを焼却して、有価金属と熱を回収。続いて回収した熱を利用して蒸気を作り、近隣のDOWA岡山事業所全体へ供給。一部発電も行っています。この工場には生産管理、業務改善、原料の受け入れ、焼却炉のオペレーション、設備保全、技術開発など、さまざまな業務セクションがあります。その中で私は、業務改善および研究開発を担当しています。業務改善では、業務に関わるすべての人と機械、物を見直して作業をしやすくすることを目的に、従業員教育をはじめ、現場の「ムダ、ムラ、ムリ」な作業をなくしてコスト削減や作業時間短縮等を図る活動の仕組みづくりをしています。一方、研究開発においては、新しいプロジェクトや操業変更などを、実際のプロセスに適用する前に技術的な知見から検証、また採算性やリスクの評価をしています。具体的にはラボスケールの試験で必要な設計データを収集し、分析を実施、実プロセスを計画する業務を担っています。
仕事のやりがい・醍醐味
もっと良くできる。それが技術スタッフのやりがい。
エコシステム岡山(株)のビジネスは、始まってからまだ年数が浅く、成長途中です。操業オペレーティングにおける改善課題は、まだまだ盛りだくさん。最適化を図る余地も大きく、技術スタッフの立場としては、これからより良くしていけることに大きなやりがいを感じています。もしかしたら自分の改善アプローチが画期的な成果を生み、いつかそれがリサイクルのスタンダードになるかもしれません。そんな野望も抱きつつ、挑戦の日々を生きられることが、今いちばんの手応えとなっています。これからが楽しみですね。
最大のチャレンジテーマ
不可能を可能に。今までやってこなかった技術に挑む。
現在のチャレンジテーマは、焼却炉から出てきた灰のリサイクル技術を開発すること。現在、灰は外部にリサイクル処理を委託しており、大きなコストが発生しているため、その処理コストを削減することが私のミッションです。そこで私は、灰の性状や処理方法について勉強し、ラボスケールでの試験を実施しながら事業化の可能性を模索。これから、スケールアップが可能か、ビジネスの価値があるかを検討していきます。現状、手応えは上々で、事業化を自らの手で主導したいと考えています。そして今後は、こうした事業化案件を次々と手がけ、将来的に母国タイにおいて、自分の事業を立ち上げ、大成功へと導き、いつか優雅に暮らすこと。それが私の夢です。
DOWAについて伝えたいこと
優しく個性的な人々に囲まれて、毎日本当に幸せ。
本当に優しくて、楽しい方が多いです。いい意味で、変わった人、適当で大らかな人が多くて、毎日飽きることがなく、そして心地いい環境の中で仕事ができています。休日に仕事のことを一切忘れて、熊のように(笑)眠れるのも、職場でのストレスがないからだと思います。また、休暇も取りやすく、連休があるときには、頻繁に海外旅行をしています。
  • 出社(メールチェック、スケジュール確認)

  • 朝ミーティング(昨日の操業及び本日の受入情報確認、営業活動等を共有)

  • 現場確認と日報作成補助

  • 操業打合せ(操業データを確認。不具合点を抽出。)

  • リーダー会議(自分の重要課題の進捗を報告)

  • 新規廃棄物の焼却試験、研究開発試験(ラボスケール試験実施)

  • 昼食

  • 会議(決算会議or研製販会議)

  • 試験のデータまとめ(評価表作成、単価計算)

  • 現場KAIZEN活動指導

  • 場内S活動

  • 退社

同じ事業に所属する社員

PAGE TOPへ