世界初を発見する喜びは大きく、
この感動こそが、
研究開発の一番の醍醐味。
羽深 智 Satoru Habuka
熱処理
2014年入社 理学研究科 化学専攻修了
DOWAサーモテック株式会社 熱処理事業部 新商品開発グループ
趣味は、楽器演奏、音楽鑑賞、旅行、ドライブ、読書。座右の銘は、先を読み、未来を切り拓く方法の極意を示す将棋の格言「三手の読み」。
Career path
2014年~
現場支援を行う実務担当として、工場で発生した品質不良の実態把握・原因究明から根本原因対策の立案までを行い、品質向上に貢献する。プロセス・設備両面で標準化を行い、その後の新設炉への展開も行う。
2015年~
研究開発の主担当として、新規の硬質皮膜開発、商品化に向けた改良などを行う。
入社理由
きっと伸び伸びと成長していける!という確信を得て。
私が就職活動時に軸としていた「世の中の発展の一番基礎である“材料”に関する事業に関わりたいという気持ち」と「DOWAホールディングスの事業内容」がマッチしたこと、そして創業以来の歴史や現在の事業のなかに「技術」を大事にしている姿勢がみえたこと、この2点が強く惹かれた理由です。入社の決め手は、向き合って話を聞けたDOWAの社員の方々と水があっているような感触があり、「この人たちと一緒に働ける環境なら、きっと伸び伸びと成長していける」、そう確信できたからです。
現在の仕事
新規硬質皮膜開発の主担当として実験および知財対応を行う。
私の所属する新商品開発グループは、主に「新規の熱処理・表面処理方法の開発」「開発した熱処理・表面処理方法の商品化」「社内外で発生した品質問題への技術的な支援」を行っています。その中で、私は新規硬質皮膜開発を担当しています。主な業務としては、実験全般(計画作成→条件検討→準備→実行→サンプル評価→考察→フィードバック)および知財対応(特許出願準備&他社特許調査)です。
仕事のやりがい・醍醐味
世界初の発見をした感動こそが、一番の醍醐味。
ずばり「世界初」に挑戦できることです。私が担当しているテーマの硬質皮膜開発は、新たな膜種・膜構造が日々生まれながらも、まだまだ未開拓の領域が多く存在する分野です。だからこそ、未開拓な領域に自ら踏み込み、まだ見ぬ物質・特性を発見していくことにとても大きな魅力を感じています。例えば、こんなエピソード。硬質皮膜は膜を構成する元素の成分比によって特性が決まることが知られています。ある膜では特定の成分を一定以上の割合にすると、硬さという重要な特性が低下していくことが報告されていました。しかし、その報告に未検証の範囲があることに気付いた私は、今まで報告されていた以上にその成分を増やしてみました。すると、ふたたび硬さが向上するという、世界中のどこからも報告されていない現象を発見することができました。このような世界初の発見をした際の喜びもひとしおで、この感動こそが、研究開発の一番の醍醐味です。さらには、自分の新発見を社会の発展に役立てていける、こういったことも企業で研究開発に携われる喜びでもあります。
最大のチャレンジテーマ
開発膜の商品化に向けて高いハードルを乗り越えていく。
現在のチャレンジテーマは「開発膜の商品化」です。「膜開発」という観点では、これまでにない特性をもつ膜が実現できているのですが、「商品化」という観点で考えると越えるべきハードルがいくつもあります。具体的には①複雑形状への均一処理方法の開発、②お客様の実機を使った評価、③コスト試算と原価低減…等々。現在、②の段階まで進んでおり、お客様の協力を得ながら、さらなる機能向上に取り組んでいます。今後は実機環境で生じている現象を確実にとらえ、一つ一つ着実に機能向上を進めていくことで、商品化への道筋をしっかりつけていくことが目標です。
私のキャリアビジョンは、その分野をリードしていけるような技術者・研究者になる、もしくはそういった人たちをリードしていけるような存在になること。そしてその結果、会社・業界の歴史に、自らの足跡を刻むことが、私の夢です。
DOWAについて伝えたいこと
世界初に挑戦したい人にとってベストな場所。
DOWAは、ニッチトップを目指すという事業面での特色があり、仕事をするうえでも、世界で誰も到達していない領域へ果敢に踏み込んでいける楽しさがあります。前例もなく、先駆者もいないので、その分苦労することも多いですが、自分の努力とアイデアで歴史を切り拓いていく、そのダイナミズムは何物にも変えがたい魅力です。世界初の偉業に挑戦したい人にとって、ここは間違いなく面白いフィールドだと思います。
学生の皆さんへ
柔軟に自分の軸を更新しながら、
「自分とは何か」を作っていけばいい。
まずは、自分がどんなことがしたいか、どんなことに興味があるのか、といった軸を決めて動くのがいいと思います。その一方で、就職活動中に違った興味や価値観も生まれてくるでしょう。そのときは最初に定めた軸に固執することなく、柔軟に自分の軸を更新しながら「自分とは何か」をかたどっていけばいいと私は考えています。就職活動は長い人生のなかで最も多くの企業に関わることのできる唯一のチャンスです。ぜひ積極的な姿勢で、多様な企業との出会いと交流を楽しんでください。それがその後の人生の大きな糧になるはずです。就職活動の実践的なアドバイスとしては「相手の立場にたって考えてみること」、これを肝に銘じてほしい。例えば面接練習ひとつとっても、面接される側だけでなく、面接をする側を経験してみることで、また違った視点や気づきが得られるはず。ぜひトライしてみてください。
  • メールチェック

  • 実験準備

  • 実験開始、知財対応(特許出願準備)など

  • 昼食

  • 実験条件検討(実験成功と失敗の二つの場合に対して次のアクションを決めておく)

  • 実験終了。分析の上、明日のアクションを確定

  • 退社

同じ事業に所属する社員

PAGE TOPへ