志を高く掲げ、
絶えず最大の成果にこだわっていきたい。
究極のゴールである社長になる日を夢みながら。
福田 慎二郎 Shinjiro Fukuda
精錬
2017年入社 自然科学研究科 マテリアル工学専攻修了
小坂製錬株式会社 製錬部 銅溶錬課
趣味は、温泉めぐり。座右の銘は「諸法無我」。一切のものは実在ではない、ゆえに地上のものに執着するなという教えを肝に銘じている。夢は、いつか悟りを開くこと(笑)。
Career path
2017年4月~
4月から1か月半、研修センターでの新入社員研修に参加しつつ、各地のDOWAグループの工場を見学。
社会人としてのマナーを身につけることから始まり、DOWAグループとは?DOWAの事業とは?工場の現場とは?その仕事とは?という視点で、ビジネスの基本を学ぶ日々を過ごす。
2017年6月〜
小坂製錬(株)配属となり、工場全体を理解するための研修を行った後、7月から現在所属する銅溶錬課へ配属となる。
現在は、先輩に教わりながら、操業管理、トラブル対応、改善業務を行うための基礎を学ぶ日々。
入社動機
出会った社員の方々の働き方・生き方への共感がすべて。
大学の同じ学科の先輩が入社しており、OB訪問に参加したことが興味を抱いたきっかけです。その後、説明会での話、社員の方々の話に耳を傾ける中で、自分が思い描いていたキャリアイメージと一致する部分が多く、「ここでなら自分らしく働き、生きられる!」そう確信するようになりました。入社への決め手は、出会った社員の方々の働き方・生き方への共感がすべて。彼らと一緒に働きたい。同じ志を持って何かにチャレンジしたい。社会貢献を果たしたい。そう素直に思えたのが私の最大の入社動機です。
現在の仕事
日々の操業の管理やトラブルの対処、改善などを行うための基礎を勉強中。
私が所属する銅溶錬課の役割は、さまざまな原料(リサイクル原料や鉱石など)を受け入れ、目的金属の品位を高めた上で、次の工程に送ること。この課で私は、日々の操業の管理やトラブルの対処、改善などを行うための基礎を勉強しているところです。毎日のように新しいことを次々と覚えなければならない状況の中で、四苦八苦しながらも、ダイナミックに稼働する工場の空気を感じ、ものづくりの醍醐味を実感しています。銅溶錬は小坂製錬の中で最初の工程になるため、自分たちの操業ミスが、後の工程、つまり小坂製錬全体に影響を及ぼします。もちろんプレッシャーはありますが、裏を返せば私たちの改善次第で、小坂製錬全体への好影響につながるわけで、ここに大きなやりがいを感じています。
最大のチャレンジテーマ
革新的な成果を次々と生みだすキーパーソンへ。
「バグ灰産出量の把握」をテーマに、調査・改善を行っています。バグ灰とは銅溶錬プロセスの産出物のひとつであり、ここ数年バグ灰の産出量が正確に把握できていないという問題がありました。産出量の管理は、操業のトラブルを早期に予測することや、次工程への正確な情報提供、そして全体的なプロセス改善にもつながります。現在は問題点の洗い出しや、新しい管理方法の検討を行っており、今後はより正確に産出量を把握できるような仕組みを考え、最適なプロセス改善を進める予定です。こうしたトライをしながら、まずは自分の課の設備、操業をしっかり把握することが先決だと思っています。その上で、課の主力となれるよう知識、経験を重ねて、ゆくゆくは革新的な成果を次々と生みだせるキーパーソンになること。それが私の当面のチャレンジテーマです。
今後の目標/キャリアビジョン
社長になることを究極のゴールにして、絶えず最善を尽くす。
究極のゴールは、社長になることです。新人だからこそ言える大言壮語かもしれませんが、志を高く掲げながら、目の前の仕事に向き合いたいと考えています。まずは与えられた場所で、最善を尽くすことから始めます。そしてキャリアを重ね、技術を磨き、経験の厚みを増しながら、リーダーシップを発揮する局面では、自ら率いるチームの最大成果にこだわるチャレンジをしていきたい。いずれにしても絶えず究極のゴールを意識して、そのために今、何をすべきか?その次に何に挑むべきか?を考えながら、邁進していきたいと思います。
DOWAについて伝えたいこと
会社も社員も、縁の下の力持ち的な存在。
消費者の方にとってはあまり馴染みのない会社ですが「みなさんの日々の生活を陰ながら支えている」そんな縁の下の力持ち的な存在であること、この控えめだけれど社会的影響力も大きいという位置づけが、個人的には気に入っています。
私だけでなく、他の社員もそういう方が多いように思います。DOWAに入社して改めて実感したのは、社員の皆さんが親切なこと。自身の業務で忙しい中でも、私が何か質問すると、皆さん快く答えてくれます。こうした協力的な職場だからこそ、新人でも遠慮することなく、自分の意見や考えを持って、操業改善を進められるのだと考えています。将来自分に後輩ができた時も、後輩の成長を後押しできるような先輩になりたい。心からそう思います。
学生たちへのメッセージ
自らが会社を選ぶのだというスタンスで就活を。
まずは自分を知ることが重要だと思います。就活の時は、さまざまな情報に流されそうになりますが、自分がなにを求めているのかを正確に把握することで、入社したい会社が見えてくると思います。私もそうでした。自分のキャリアイメージを明確にしたからこそ出会えたのがDOWAです。会社に選ばれるのではなく、自らが会社を選ぶのだというスタンスで就活を行うと、自分に合った会社が見つかり、そして最終的には良縁に恵まれるのだと思います。
  • 出社

  • 前日の操業状況を確認

  • 朝ミーティング

  • ルーティンワーク
    操業チェック、トラブル対応、改善点の洗い出しなど

  • 現場巡回

  • 昼食

  • 取り組んでいる改善に関する調査

  • 本日行ったことのまとめ

  • 退社

同じ事業に所属する社員

PAGE TOPへ