ニュースリリース

エコシステム花岡(株)で新たに管理型最終処分場の設置許可を取得

2017年12月18日
DOWAホールディングス株式会社
(コード番号:5714 東証1部)

当社(東京都千代田区外神田4丁目14番1号 資本金:364億円 社長:山田 政雄)子会社のDOWAエコシステム(株)(同所 資本金:10億円 社長:飛田 実)は、エコシステム花岡(株)(秋田県大館市花岡町字堤沢42 資本金:3億円 社長:下總 正則)において、2017年12月12日付で新たに管理型最終処分場の設置許可を取得しました。

国内で発生する廃棄物は、発生量そのものの抑制や再生資源化が推進されているものの、経済合理性や環境安全の観点から有効利用が難しいものも存在し、安全・安心な最終処分場は重要な社会インフラとなっています。

DOWAエコシステム(株)では、1987年からエコシステム花岡(株)において管理型最終処分場を運営しています。既存の管理型最終処分場では、自社グループの産業廃棄物の中間処理施設や、エコシステム花岡(株)が立地する大館市などの自治体から、焼却残渣等の廃棄物を受け入れてきました。
エコシステム花岡(株)で新たに設置許可を取得した管理型最終処分場は、合成ゴムシートを2重に用いた遮水構造や漏水検知システムを採用し、埋立物を長期的に管理・監視できる構造とする計画です。
新規最終処分場の建設により、大館市に隣接する小坂町に立地する最終処分場と合わせてDOWAグループでは約250万m3以上の残容量を確保し、長期安定的な最終処理を行なってまいります。

DOWAエコシステム(株)は、廃棄物の適正処理や再資源化など環境・リサイクルサービスの強化を引き続き推進し、地球環境の保全に貢献していきます。

【エコシステム花岡(株)新規最終処分場の概要】

1. 施設の設置場所:秋田県大館市花岡町字滝ノ沢82番1

2. 面積および容量:埋立面積45,841m2 埋立容量1,083,954m3

3. 埋立物の種類:一般廃棄物(不燃物残さ、焼却残灰)

産業廃棄物(燃えがら、無機性汚泥(含水率85%以下のものに限る)、廃プラスチック類、ガラスくず、コンクリートくずおよび陶磁器くず、ガレキ類、ばいじん、ゴムくず、金属くず、鉱さい、産業廃棄物を処分するために処理したもの)(以上のうち特別管理産業廃棄物であるものを除く)

4. 建設開始時期(計画):2017年12月

5. 操業開始時期(計画):2021年4月

 

以 上

この件に関するお問い合わせ先

DOWAホールディングス株式会社 企画・広報部門
TEL: 03-6847-1106 FAX: 03-6847-1272

ページトップへ

COPYRIGHT © DOWA HOLDINGS Co., Ltd All right reserved.