ディスクロージャーポリシー

基本方針

DOWAホールディングス株式会社(以下、当社という)は、株主・投資家をはじめとするステークホルダーのみなさまに対し、有用な情報をお届けするために公平・適時・適正な情報開示を行います。具体的には、会社法、金融商品取引法およびその他の諸法令に則り、東京証券取引所の定める上場有価証券の発行者の会社情報の適時開示等に関する規則(以下、「適時開示規則」という)に沿って、投資判断に重要な影響を与える事項について情報開示を行います。適時開示規則に該当しない情報に関しても、当社を理解していただく上で有用と判断されるものについては積極的に情報開示を行います。また、当社の業績や将来性に対して理解を得るため、経営者自らが業績や将来性に関する情報を発信し、積極的なIR活動を行います。

情報開示の方法

適時開示規則に該当する情報の開示は、東京証券取引所の提供する「適時開示情報伝達システム」(TDnet)において公開し、メディアへの資料配布(プレスリリース)を行います。それに加えて、TDnetおよびプレスリリースにより公開した情報につきましては本ウェブサイト上で速やかに公開します。適時開示規則に該当しない情報についても、適時開示規則の趣旨を踏まえ、本ウェブサイトへの掲載等による情報開示を行います。

インサイダー取引の未然防止

当社は、重要な会社情報を適切に管理し、インサイダー取引の未然防止を図ることを目的として、社内規程を定め、グループ社員全体への周知徹底と理解啓蒙に努めています。

決算前のIR自粛について

当社は、公平性を確保し、決算発表資料準備期間中に株価に影響のある情報が漏れることを防ぐために、原則として各四半期決算発表日前の2週間を沈黙期間とし、発表前の決算に関連するコメントやお問い合わせに対する回答を控えることとしております。ただし、期間中に発生した事象が適時開示規則に該当する場合には、適宜、情報開示を行います。

その他

本ウェブサイトでの当社の情報の検索にあたりましては、本ディスクロージャーポリシーのみではなく、別途掲載の免責事項も合わせてご参照ください。

ページトップへ

COPYRIGHT © DOWA HOLDINGS Co., Ltd All right reserved.