沿革

1884年 藤田組が明治政府から小坂鉱山の払い下げを受ける
1888年 小坂で黒鉱製錬試験を開始
1897年 小坂で水力発電を開始
1898年 小坂で黒鉱乾式製錬の操業開始
1899年 岡山で児島湾干拓事業に着手
1902年 小坂で黒鉱自溶製錬の操業開始
1909年 小坂鉄道を設立
1915年 秋田で花岡鉱山を買収
1916年 岡山で柵原鉱山を買収
1919年 岡山で片上鉄道を設立
1944年 本店を大阪から東京へ移転
1945年 商号を同和鉱業株式会社に変更
1952年 柵原で硫化鉄鉱の新鉱床を発見(下部鉱体)
1953年 岡山製錬所の操業開始(現・DOWAエレクトロニクス岡山)
1957年 大阪で(株)豊崎伸銅所を子会社化、金属加工事業を開始
1958年 東京熱処理工業(株)を子会社化、熱処理事業を開始
1959年 小坂で黒鉱の新鉱床を発見(内の岱鉱床)
1963年 花岡で黒鉱の新鉱床を発見(松峰鉱床)
1965年 岡山で同和鉄粉工業(株)を設立(現・DOWA IP クリエイション)、電子材料事業を開始
1967年 小坂で自溶炉製錬設備が完成、稼働開始
1969年 花岡で黒鉱の新鉱床を発見(深沢鉱床)
1971年 臨海型亜鉛製錬所の秋田製錬を設立
1973年 貴金属化成品メーカーの横沢化学工業(株)を子会社化(現・DOWAハイテック)
1975年 同和金属工業豊岡工場完成、大阪工場から移転完了(現・DOWAメタル)
1977年 花岡で黒鉱の新鉱床を発見(餌釣鉱床)
1977年 柵原で岡山鉱油を設立、環境・リサイクル事業を開始
1982年 秋田で半導体材料研究所を設立(現・DOWAセミコンダクター秋田)
亜鉛加工工場の操業開始(現・秋田ジンクソリューションズ)
1983年 岡山で磁気記録材料の生産を開始(現・DOWAエレクトロニクス岡山)
1989年 米国に事務所を設置(DOWA INTERNATIONAL CORPORATIONを設立)
1991年 秋田で白金族リサイクルを開始(日本ピージーエムを設立)
1992年 長野で金属セラミック回路基板製造を開始(現・DOWAパワーデバイス)
1994年 メキシコで亜鉛鉱山の操業開始(MINERA TIZAPA)
1997年 米国で熱処理事業を開始(DOWA THT AMERICAを設立)
1999年 秋田で家電リサイクルを開始(エコリサイクルを設立)
2000年 関東地区で廃棄物処理を開始(日本パール(株)(現・エコシステム千葉)を子会社化)
2002年 金属加工事業が中国に進出(同和金属材料(上海)を設立)
2003年 環境・リサイクル事業が中国に進出(蘇州同和資源綜合利用を設立)
2006年 商号をDOWAホールディングスに変更、本社を移転
2006年 金属加工事業がタイに進出(DOWA METALTECH (THAILAND)を設立)
2007年 熱処理事業がタイに進出(DOWA Thermotech (Thailand)を設立)
2007年 欧州に事務所を設置(DOWA HD Europeを設立)
2008年 小坂製錬の自溶炉を停止、リサイクル対応炉の操業開始
2009年 環境・リサイクル事業がインドネシア、タイ、シンガポールに進出(Modern Asia Environmental Holdings Inc.を子会社化)
2009年 中国で家電リサイクルを開始(蘇州同和資源綜合利用)
2011年 中国に事務所を設置(同和企業管理(上海)を設立)
2012年 シンガポールで貴金属リサイクルを開始(DOWA ECO-SYSTEM SINGAPORE を設立)
2012年 熱処理事業がインドに本格進出(HIGHTEMP FURNACES を子会社化)
2012年 熱処理事業がインドネシアに進出(DOWA THERMOTECH INDONESIA を設立)
2012年 タイで亜鉛加工を開始(DOWA Metals & Mining (Thailand)を設立)
2014年 タイに事務所を設置(DOWA HOLDINGS (THAILAND)を設立)
2014年 環境・リサイクル事業がミャンマーに進出(GOLDEN DOWA ECO-SYSTEM MYANMAR を設立)
2015年 金属加工事業が台湾に進出(同和利精密部品股份有限公司 を設立)
2015年 熱処理事業がメキシコに進出(DOWA THERMOTECH MEXICO S.A. DE C.V. を設立)
2016年 金属加工事業がメキシコに進出(DOWA METALTECH MEXICO, S.A. DE C.V. を設立)

ページトップへ

COPYRIGHT © DOWA HOLDINGS Co., Ltd All right reserved.